ライフコーディネートに瞑想を取り入れた理由と全体像

ライフコーディネートあまり聞き慣れない言葉かと思いますが意味は簡単です。

ライフ」とは文字通りで人生を意味しています、人生をやり直したい・・・または完全にリセットできたなら・・・

などと思ったことはないでしょうか?

でも過去の辛い経験も貴重な財産となり次なるステップへのエネルギーにもなります。

ですが、40代、50代・・・60代となってくると話は違ってきます。

そう何度も何度も失敗するわけにはいかなくなってきますよね、人生の残り時間は残り少ないのですから。

さらに若い頃と違って時間の流れ方も極端に早く感じてきます。

お金よりも時間を大事にしたい年代でもあるわけです。

人生はやり直せるのか?

どんな人でも過去に失敗や過ちを犯した経験の一つや二つはあるかと思います。

あの時あんな選択をしなければ・・・

第7世代のお笑いコンビ「ペコパ」のように”時を戻そう”と言いたくなりますw

結論から言えば人生は何度でもリセットできますし、誰であれやり直せます。

私自身も体験者ですし、私だから出来たとかそういうことは一切ありません。

一家で夜逃げをした体験談

もちろん本人の強い意志と決意が必要なのはいうまでもありませんが、それ以前に、中高年からは残された人生の時間を逆算するとできるだけ失敗は避けたいところというのが本音でしょう。

例えばビジネスを例にみてみますと・・・

皆さん絶対に失敗しないように頑張りますが、現実は「起業生存率」を見てみるとかなり厳しい感じがします。

会社設立後経過年数会社・企業生存率
1年後40%
5年後15%
10年後6%
20年後0.3%

この表は中小企業の場合の数値なので、ネットでの個人起業の場合は初期投資が低く抑えられるのと、決断から行動へうつすスピードが早いためここまで厳しくはないと思えます。

しかしそうは言ってもアフィリエイトでの現実も月の収入が5,000円以下の人の割合は約9%だといわれており、月1万円以上稼げている人は1%ほどしかいないことが知られています。

そうなってくると私も含め大半の中高年の人は、人生の後半で失敗は避けたいところです。

そこでぜひやっていただきたいのが本当の自分の声を聞くという内観です。

本当の自分の声(魂の声)

俗に言う魂の声というものです、魂とか言うと変な新興宗教とか怪しいオカルト系とかイメージするかも知れませんが決して怪しいものでもありません。

潜在意識の奥深くにしまい込まれている(大抵は大したものではないと気にもとめていない些細な事だったりする)重要なヒントを何も見えない霧の中から探すのです。

潜在意識なので顕在意識が覚醒した状態ではアクセスできません。

そこで潜在意識下へ深くダイブするために瞑想を使います。

この瞑想法は釈迦(仏陀)が人生後半で実践していたやり方に近いもので、グル(指導者)の元で指導を受けながらやります。

本当の自分の声(イメージ)に集中していたら、いつか必ずヒントが得られるようになります。

それは瞑想中よりも何気ない日常でのほうが大半で、例えばお風呂の湯船に浸かったときとか、暖かいお布団に入って目を閉じた瞬間だったり、トイレで用をたしてるときとか散歩中とかにフ・・・と降りてきたりすることが多いです。

通勤中の車窓から何気なく見えた看板がやけに印象に残ったり、テレビを見てると何度となく同じような台詞(ワード)が頭に残ったり・・・

ヒントはそれこそ十人十色で様々なものがあり見逃がさないようにしないといけません。

それらのヒントを元にこれだというワクワクの源泉を掘り当て、新しいゴール設定を組み立てプログラムを作り楽しみながら日々実践していきます。

気がついたときにはゴールに立っているでしょう。

いざゴールへ走り出すともう後は自動で脳が勝手に情報を集め出し、自然と行動を起こし楽しみながら目の前の目標から達成していくことになります。

努力やモチベーションは一切いらない

このゴールまでの一連の流れの中には努力とかモチベーションを維持するとか、自分を鼓舞するなど根性論のようなものは一切介入しません

むしろ努力など根性論が入り込んではいけないのです。

ライフコーディネートは瞑想による内観と脳機能と潜在意識がもつ特有の特性をフルに活用した現代に合ったシステムです。

通常一般的なコーチングだけでもかなりの効果が得られることは、ビルゲイツや
元Google CEOのエリック・シュミットが、『全ての人にコーチは必要だ』と言っていたことからでも容易に推察できるでしょう。

そこへ瞑想の力を組み込めばご本人の目標達成速度は飛躍的に向上します。

しかもスタート時点での魂の声のプロセスを入念にこなしているので、普通のコーチングより成功率は格段に上がるのは当然と言えます。

今ではフォードやappleなどの名だたる企業もマインドフルネスを導入しています。

時間があまりない人にはマインドフルネスでも効果はありますのでおすすめです。

瞑想×ライフコーディネートの役割

  • こんなつまらない日常を送るために生まれてきたんじゃない
  • 自分にはもっと他に向いてる仕事があるはずだ
  • 自分の人生このままでいいのだろうか?
  • 何のために生まれてきたんだろう
  • もっと多くの人たちの役に立てる仕事がしたい
  • 人生の岐路で迷っている
  • やりがいのない日々に疲れた
  • 起業するべきか会社に残るべきか迷っている
  • 結婚のタイミングを逃してしまった、この先独りは不安だ
  • 親の介護で身動きがとれない
  • ・・・

このような悩みやモヤモヤした感情、人生に大きく関わる重要な選択などでは一切迷わなくなります。

悩みはプラス材料へと変化し過去におけるマイナスの出来事もまるでオセロや囲碁の石が全部ひっくり返り逆転勝利するような感じになります。

  1. 瞑想=内観
  2. 瞑想×コーチング=ゴール設定
  3. 瞑想×脳科学(潜在意識の力)=固定概念の崩壊
  4. 瞑想×アドラー心理学=常識の崩壊
  5. 瞑想×量子力学(マルチユニバースと時間の概念)=洗脳からの解放
  6. 瞑想×アカシックレコード=宇宙図書館へのアクセス
  7. 瞑想×ヘミシンク(体外離脱)=希望者だけにレクチャー
  8. 瞑想×チャクラの活性化(健康とカルマ)=指導と習慣化
  9. 瞑想×アファメーション(現象の変化)=強烈な臨場感
  10. 瞑想×行動(ビジネスへ昇華)=マネタイズ
  11. 瞑想×感動と感謝=悟りへのタオ
  12. 瞑想×幸せの輪を広げる使命=感謝の連鎖

さらに別枠のプログラムがあったのですが・・・

13.瞑想×クンダリニーの覚醒=宇宙と一体化および超越した能力の獲得

※これは瞑想の究極の奥義と言われているものですが、あまりにも危険なので禁止しています。

上記1~12についても後々詳しく説明させていただきますが、13のクンダリニー覚醒だけ先に簡単に説明しておきます。

クンダリニーとは

仙骨のあたりに眠っていると言われるエネルギー体の一種で実は誰にもあります。

ただ、普通は目覚めることなく眠りについたままで、本人もそんなものが自分の仙骨の中に在ることすら知ることもなく人生を終えるのが一般的です。

ところが何かの拍子でそのクンダリニーがたまたま目覚める人がいます(階段で足をすべらせ腰を打ちつけたり)、別名サーペント・ファイアーとも言われていますが仙骨から2つのクンダリニー・エネルギーが竜のように背骨に巻き付きながら2重らせん状に上昇します。

頭頂部まで上昇したら第7チャクラ(サハスラーラ・チャクラ)を突きぬけ宇宙空間(違う次元)まで立ち登ります。

するとどうなるのか・・・

いわゆる様々な超能力が覚醒されていき、例えば透視能力だったり、可視光以外の波長の光やエネルギーを見れるようになったり・・・

極小の素粒子レベルの世界が見えたり、人の病巣がわかったり・・・

サイコメトリーやサイコキネシス、テレポーテーションに体外離脱と人によって得られる能力も違うようですが、普通の人には出来ないことが出来るようになります。

ただしこの能力は悪用しようと思えばいくらでも悪いことにも使えるという諸刃の剣のような側面もあり、さらに本人にとっても結構辛い現象に悩まされることになる可能性が高くなります。

私のグル(師匠)の場合は時空を超えた透視能力がありましたが、ずっと微熱が続きいつもキツそうでした。

あっちこっちの病院で診てもらったそうですが肉体的には全く問題ないと言われるだけだったと。

(後から分かったことですが波動の振動数が著しく上がるため体が追いついていかない、例えば軽自動車にF1マシンのエンジンを積んだ状態で一般道を走るような感じでしょうか)

微熱ですめばいいですが、ゴーストバスターズのような得体の知れないものが四六時中見え始めたら仕事どころじゃなくなります。

生活にかなり影響を来すことになります。

なので私はチャクラの覚醒までにとどめていますし、別に超能力者になりたいのが目標ではなかったのでクンダリニー覚醒はしていません。

ということでクンダリニー覚醒をどうしてもやりたい人は自己責任でということになります。

事実世の中にはクンダリニーを覚醒させ世のため人のために活躍してる人たちも結構います。

8(エイト)マンの作者で桑田次郎先生などがそうです。

精神的肉体的に健康でいるにはチャクラの活性化だけでも十分だとおもいます。

まとめ

いかがでしたか瞑想だけでもとても面白そうに感じませんでしたか?

ライフコーディネートのざっとした全体像と流れは何となくおわかりいただけたと思います。

アカシックレコード(宇宙図書館)で自分の過去生(前世)を調べたり宇宙の歴史をしらべたりとてもワクワクしてきますよね。

ちなみに宇宙はビッグバンから始まったというのが今の科学での定説であり、同時にそれは限界でもあります。

宇宙図書館や足立郁郎先生(波動の法則の著者)がおっしゃるには何度もビッグバンは繰り返されているということです。

話が逸れましたが、ライフコーディネートは失敗せずにゴールを目指したい人には最適の内容だというお話でした。

関連記事

コメント

    • ogawa-takeshi
    • 2020.11.23

    読者の皆様へ
    管理人ですが、まだ未完成ですので細かな部分でご不便をかける事もあるかと思います。
    なにかご質問などがあればお気軽にメールフォームのお問合せよりメールを送ってくださいね。

    以上よろしくお願いします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

TOP